ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

住宅リフォームで向上する基本性能

住宅のリフォームと言うと、どうしても、外壁のペンキの塗り替えや台所、トイレ廻りの設備機器の交換が主になってきます。設備機器は一定の年限が過ぎ、動かなくなれば当然交換しなければなりません。しかし仕上げ類は、気にさえしなければ、塗り替えや取替えの必要が無い場合も多く見られます。

住宅の性能は屋根が第一

住宅に求められる最も大切な性能は、雨を防ぐ役割で、特に屋根の性能が重要になります。屋根の材料は理想を言えば、メンテナンスフリーの瓦屋根がベストです。しかし、すでに鉄板系やコロニアル系の材料が葺かれている場合は、瓦屋根に変更する場合は構造材の変更を伴い容易ではありません。このような場合は、なるべく長期間使えるフッ素鋼板や銅板などの材料に葺きかえると、ほとんどメンテナンスしないで、長期間維持させることが出来ます。

壁の断熱性能の向上

政府は省エネを推奨していますが、産業部門や運搬部門に比べて、建築部門の中の住宅関係の省エネが進んでいない現状が明らかにされています。省エネ性能の向上は、暖冷房の熱負荷を抑え、家庭の燃料費を減らします。住宅リフォームでは、断熱性能の向上させる改修を行うことが、基本性能の向上につながります。壁の中にすでに断熱材が入っている場合は、サッシの断熱性能を向上させることが、住宅全体の省エネになります。最近は断熱性能の高いサッシやガラスが登場し、サッシを取り替えるだけで、大幅に断熱性能が向上します。

耐震性能の強化

予測できない地震に備えるのは、家族の安全を守ることにつながります。住宅リフォームを行うとき、住宅の耐震性能を強化するために、簡単に設置できる補強部材が多く開発されるようになりました。内外装を取り替えるついでに、壁に耐震補強材を追加することで、住宅の耐震性能が強化され、地震に対して安心して暮らせます。この時、バランスの良い耐震壁の設置のため耐震診断も合わせて行うことをお勧めします。

住宅のリフォームは、ある程度まとまったお金がかかりますので、どうせなら、住宅の基本的な性能を向上させるために使いたいものです。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/258-b35386f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT