ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こんなところに落とし穴!リフォーム工事の追加負担

古くなった住宅を新しく生まれ変わらせるりふぉむ工事は、建て替え工事よりも安い費用で快適な住まいを実現することができます。しかし、リフォーム工事は想定外の予算が発生することも多く、工事が終わってみたら当初予算を大きくオーバーしていたということも珍しくありません。今回は、リフォーム工事にお金がかかってしまう理由について解説します。

見積もり価格は参考価格

リフォーム工事は業者から工事の見積価格を取るところからスタートします。複数の業者を競わせて一番安い業者を選んでもいいのですが、リフォーム工事は新築工事以上に信頼性が重要になります。価格が安いからといってよくわからない業者を選ぶのは危険ですので、しっかり吟味して業者を選定してください。
重要なポイントは、リフォーム工事の見積もりというのはあくまでも最初の予定予算であり、この金額で収まらない可能性があることを認識しておかなくてはいけません。なぜ見積りで収まらないのか、それはリフォーム工事特有の事情があるからです。

開けてみたら想定外の状態

リフォーム工事でよくあるのが業者が工事をしようと壁を開けてみたら内部が劣化していた、というケースです。リフォーム工事を依頼する家は築年数の経過した家が中心ですから、見た目ではわからない箇所が劣化して工事が必要というケースが非常に多いのです。
もし工事が必要な個所が見つかった場合、リフォームプランに加えて補修工事を行う必要があります。壁や柱の腐食や雨漏りなど、住宅の見えない部分の劣化というのは家の耐久性に関わる部分だけに重大な問題となることが多く、そのまま放置して工事を予定通り進めるわけにはいきません。その他にも害虫による被害や湿気によるカビの発生、害獣による被害など住人の生活と健康に関わるような放置できない問題が見つかることもあります。
このようにリフォーム工事がきっかけで見つかった問題に対処するために追加工事が必要になるケースが多いので、リフォーム工事は見積り以上にお金がかかってしまうのです。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/261-f53d3587

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT