ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

浴室暖房つけておけばよかった。。(口コミ、評判)

在来工法で作られた浴室をリフォームしました。リフォームをしようと考えた理由は、築20年を超えタイルにひびが入ってきてしまっていること、シャワーの調子が悪く温度調節が上手くできなくなってしまったこと、掃除が大変だったからです。

在来のお風呂をユニットバスに変えることは難しいことなのか思っていましたが、元のお風呂の寸法によりけりで我が家の場合は問題なくリフォームすることができました。

リフォームをするにあたり、どんなお風呂にしたいのかということを話し合って商品を選ぶことをお勧めします。
我が家は掃除が楽なもの、今までのお風呂は暗いイメージだったので明るい色であること、浴槽はできる限り広いこと、手すりが必要だということ、扉は折りたたみ式ではなく一枚のドアのようなタイプが良いということです。

ユニットタイプの浴室であればタイル張りの浴室に比べてどのメーカーも床はカラリと乾き、壁面は凹凸がなくなるので掃除は簡単になりますし、カラーは選べますし、手すりも付きドアも希望通りのものになりました。
希望通りの浴室にリフォームができ、家族皆喜んでいました。

ところが2年後再度追加リフォームを行ったのです。

その部分はというと、浴室暖房です。

確かに在来での浴室のタイル張りに比べればユニットバスの床の冷たさは軽減され、保温効果もあり、格段に冬のお風呂も快適になったと思っていました。
けれど慣れてしまうとやっぱり冬の浴室と脱衣所は寒さが身に沁みます。

ちょうどその頃同居している母が、病院で心臓がそんなに強いほうではないので気を付けて生活をしたほうが良いでしょう、と言われたときでした。
冬の寒暖差は体への負担が大きいと言われています。

毎日入るお風呂だからこそ危険な場所であってはいけないと感じました。
ですので追加で浴室暖房をつける工事をお願いしたのです。
後から取り付けても問題がない工事だったとはいえ、最初にリフォームをしたときには盲点だったなと感じました。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/264-64e0488e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT