ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

築30年の中古物件を購入してリフォームしました。(口コミ、評判)

築30年の中古マンションを購入したときに、リフォームを実施しました。
2LDKのマンションだったのですが、リビングの隣室にあった和室をつぶしてリビングを広くするリフォーム工事をしました。2LDKの間取りを、1LDKの間取りに変更したのです。

ついでに、リビングや洋室の床の張り替え、壁のクロスの張り替え、システムキッチンの交換などを行いました。古い中古マンションを低い価格で購入して、自分好みのリフォームをして暮らしやすい空間にしたいと考えたのです。その方が、新築マンションを購入するよりも、予算を抑制できると考えていました。

工事をしてみて自分の好みの居室ができあがったのですが、予算面で振り返ると、同じ広さの新築物件を購入した場合の金額と、今回の中古物件を購入した金額とリフォーム費用をあわせた金額が、ほとんど変わりありませんでした。予算面での考え方が、正しかったのかどうか反省の余地があるようです。

リフォーム工事としては、大掛かりな工事の部類だったらしく1000万円近い費用が発生しました。このため、中古物件の購入費用と合わせると、合計3000万円かかりました。同じ広さの新築マンションでしたら、同じ地域で3500万円程度で購入できます。この点は反省点かもしれません。


話は変わって、リフォームする際の注意点ですが、分譲マンションの居室をリフォームするには、事前にマンションの管理組合に届け出る必要があります。
ほとんどの分譲マンションの管理組合の規約で、事前届け出を義務付けていると思います。

また、左右上下の隣室に対しては、事前に騒音などの迷惑をかけることについて挨拶しておくべきでしょう。ほとんどの方は、了承していただけますが、稀なケースとして迷惑は困ると主張されてしまうケースがあるようです。

リフォーム工事は大音量で近隣に迷惑をかけますので、アタマを低くして上下左右のお宅に接することが重要だと思います。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/266-55ac559e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT