ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一戸建て住宅の半減リフォームを実施しました

20年近く暮らした一戸建て住宅をリフォームしたことがあります。
私の自宅は、平屋建てで間取りが4LDKで、広さが200平方メートルありました。

この建物の半分を壊して、間取りを2LDKとし、広さを100平方メートルとするリフォーム工事でした。
かなり大掛かりな半減工事でした。このようなリフォームをした理由は、子供たち2人が大学進学をして、それぞれが一人暮らしを始め、親元へは戻ってこない意志表示をしたこともありますし、古くなった一戸建て住宅というのは、外壁の塗装や屋根の補修などの修繕作業が煩雑です。

このため、建物を半減することにしたのです。
振り返ると、自分でも、よくこのような発想ができたものだと感心するのですが、リフォーム会社の方に、このことを相談すると「できますよ」と簡単に返事がかえってきました。そして、図面を広げてどのように作業を進めれば良いかの打ち合わせが始まったのです。

何度か打ち合わせを積み重ねましたが、そのプロセスのなかで、リフォーム工事の重要性は、リフォーム会社の方と入念に打ち合わせを積み重ねて、納得できるまで工事を開始しないことだと思いました。

例えば、図面を見て、実際に自宅のなかを検分してもらって、どの部分で建物を切断するかという点については何度も確認しました。なぜ、切断箇所がポイントだったのかといいますと、生活する自分たち夫婦にとっての「感覚」や「感性」がぴったりとマッチするか否かで、リフォーム後の生活感覚に変化が発生してしまうと考えたからです。残された100平方メートルの空間において生活するにあたって、想定前の感覚や感性と、リフォーム工事後に実際に生活してみての感覚や感性が一致することがとても重要です。これがリフォーム工事の重要点だと思います。


工事のやり方としては、浴室とトイレをそのまま残す形で、その反対側を壊しました。そして、残した建物に簡易なキッチンと玄関を作りました。また、水道管の配管工事も、図面を残してありましたので問題なく工事が進みました。

電線工事や電話回線の工事も、電力会社やNTTに連絡して円滑に新たな配線工事をしてもらえました。
一戸建てのリフォームは、建物のリフォーム以外にも、水道・電気・固定電話の配管や配線にも気を配る必要がある点がポイントだと思います。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/269-3b272cd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT