ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

埼玉りそな銀行のりそなリフォームローンで、自宅の増築資金を借りました(口コミ、評判)

私は、埼玉県にある一戸建ての住宅に、親子3代で生活しています。私の息子が中学生になり、それまでは子供たちはひとつの部屋で一緒に寝起きさせていたのですが、さすがに独りの部屋を持ちたいと要求するになってきましたので、一部屋増築することにしました。私の自宅は、敷地が300平方メートルありますので、6畳一間分を増築できるだけの敷地が余っていたのです。

さっそく、リフォーム業者をインターネットで探して、自宅に来てもらいました。増築工事のやり方としては、現在の自宅の縁側部分の延長線上に渡り廊下を増設して、一部屋を独立した形で増築するのが良い方法とのことでした。そして、見積書を出してもらったところ、200万円となっていました。敷地内の空き地に、プレハブをポツンと置くわけではありませんから、費用がかかるのは仕方がありません。


問題はリフォーム資金なのですが、貯金を取り崩すことも考えましたが、貯金は教育資金のために手をつけないことにしました。このため、銀行からリフォーム資金を借りることにしました。

埼玉県民のメインバンクといえば、旧埼玉銀行の埼玉りそな銀行です。平日の午前中休みをとって、近くの埼玉りそな銀行の支店に行って、相談してみました。すると、「りそなリフォームローン」というローン商品があるとのことでした。

もちろん、自宅の増築費用にも、適用できるとの説明でした。金利は約4.7%で、最大300万円まで借りることができるとのことで、大丈夫かなと思いました。ただし、りそなリフォームローンを利用するための条件として、リフォーム業者が住宅瑕疵担保責任保険法人へ登録されたリフォーム工事登録会社であることが必須条件とのことでした。

私は、この日はいったん説明を聞いただけで、退出して、帰宅してからリフォーム業者に確認をとりました。すると、住宅瑕疵担保責任保険法人に登録してあるとのことで、りそなリフォームローンを借りる条件を満たしているようでした。

りそなリフォームローンを借りるときは、自宅の登記簿や住民票など、住宅ローンの申し込みなみに、さまざまな書類を提出しなければなりませんでしたが、無事に、自宅の増築資金の200万円を借りることができ、工事も無事に完成いたしました。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| ローンについて | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/321-aee5865f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT