ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

役所の耐震補強助成金申請は面倒(体験談)

5FpyccPuO6AAAAAASUVORK5CYII=.png

築30年の中古住宅に傷みが目立ちはじめ、地震も心配だったため、リフォームをしようということになりました。
予算もなかったため、公共の耐震補強助成金を申請し、100万円ほどの補助をもらって、リフォームを計画しました。
ところが、この耐震補強助成金の申請基準がかなり厳しく、面倒で、驚きました。

耐震補強の基準に満たすためには、かなり制約も多く、とりつけたい希望の窓もダメ、スイッチの場所を先に決めなきゃダメ、など、申請のための対策がかなりありました。

また、申請のためのスケジュールもかなりの制約があり、申請結果を待つ時間なども長く、申請もたびたびあり、動きがとれない時間も多々ありました。

耐震補強のために、安くすませたい部分をできなかったりと、リフォームへの規制も多く、さらに費用もかさむ部分も出て、うーん、申請して特になるのかな、と思うことも。


また、担当する役所の人によって、基準があいまいで、許可が下りたり下りなかったりと、違いがあるそうです。
また、その地区によっても厳しいところと通りやすいところとあり、結局は、役所が委託する建築士の方がチェックをするので、人によってまちまちで、工務店も誰にあたるのかとひやひやしていました。
そんな話を聞くと、こちらも気が気でなく、100万円をみすみす失いたくないと必死でした。

でも、プランがなかなか決まらず、耐震補強の申請も遅れ遅れになってしまい、結果的に、ぎりぎりの進行。
工事完成が年度をまたぐと、助成金が下りないとのことで、結果的に年度内に完成の時期を逃してしまうことに。


しばらく置いて、来年度の申請でまた始めるか、となると、完成が半年以上ずれることになり、100万円をとるか、工期をずらすか、でさんざん迷った挙句、結局、工期をずらさず進め、耐震助成はあきらめました。


いろいろやったにもかかわらず、結局、申請しなかったという情けない体験でした。
耐震助成金を申請する場合は、手間もリスクも考慮したうえで、ゆとりをもって進めた方がいいですよ、という失敗談でした。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| 失敗、トラブル体験談 | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/603-8379e45c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT