ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リフォームにあたり、銀行ローン借り換えに奮闘しました(体験談)

銀行

築40年の中古住宅を購入して10年。お風呂やキッチンなどの水回りの床がきしみだし、お風呂入口部分は乗ると踏み抜きそうなくらいに傷みだしたため、リフォームをすることにしました。地震が起こる可能性も高く、耐震補強も想定してのリフォームです。

中古住宅を購入したときのローンが3000万円。さらに、今回、1000万円を超えるリフォームがかかるとわかり、ローンを借りる先を探すのに奔走しました。

我が家は、夫が自営業なので、銀行もなかなか厳しい対応です。
私は、正規の団体職員ではあるので、信用はあっても、夫ほどの収入がないので、ローンは夫で組むことにしました。
まず現行の住宅ローンを借りていたみずほ銀行に、リフォームの件を相談に行ったところ、追加のリフォームローンを組むのは厳しい、との返事でしたが、住宅ローンの借り換えをすると、なんと2万円くらいの月々支払いが減ることがわかりました。

私たち夫婦は、経済のことに疎く、細かく計算して節約するような器用なことができないもので、現在の超低金利時代は、借り換えをしたほうが有利ということがわかりびっくりしました。

このままリフォームの件がなければ、ずっとこの月額ローン返済金額で返し続けることになったと思うと、本当に気づいてよかったです。
ぜひ、みなさんにも、今が住宅ローンの借り換えの見直しチャンスだとお伝えしたいです。


話を戻しますと、大手都市銀行をいくつかまわっても、同じ回答でした。
近所の信用金庫は、やはり住宅ローンの借り換えでは安くなりますが、あらたにリフォームローンを組むとなると、金利も高くなるので、かなり負担増が否めず、断念しました。

そこで、最後に、JAバンクに相談に行きました。
すると、現在の銀行ローンにリフォーム分も上乗せして、まるごと一つの住宅ローンとして、新たに借り換えできることがわかり、そのような提案をしてくださる銀行がJAだけだったので、話がトントンと進んでいきました。
やはり、現行の住宅ローンの借り換えによる負担減があり、今よりも月々のローンが減ったところに、追加のリフォーム分のローンが加わりましたが、月々の返済額は、2万円増でおさまりました。

中古住宅の場合は、新築と違い、保証料などが高くつき、必要となる手数料的なものが増えるので、やはりその点は中古住宅は不利だなと思いました。

また、固定金利か変動金利のどちらにするかでかなり悩み、わからない分どうしていいかと思っていたところ、知り合いの金融機関の方から、この超低金利はかならず上がるので、10年固定で今絶対に組んでおいたほうがいい、と説得され、10年固定で決めました。

その翌日に、マイナス金利のニュースが出て、あちゃーと思いましたが、正直素人にはどれがいいのかわからないので、深く考えないようにしました。
こつこつと月々返していくことに専念します。


人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| 失敗、トラブル体験談 | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/604-cd532b6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT