ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナサホーム”みずらぼ”でリフォーム→190万の見積もりが工期も半年伸びて510万に!(体験談)

ミズラボ2016.9

出典:みずらぼ



築20年の2階建て一軒家に、私(20代後半)と夫(30代後半)、そして夫の父(60代半ば)の3人で暮らしています。
義父は数年前に脳梗塞を起こし、リハビリをしたものの伝い歩きしなければならない程、歩行困難です。
ですから1階の床を全面バリアフリー化して手すりもつけ、1階に義父の部屋を作って、尚且つ浴室とトイレにも手すりを付け少し広くするというリフォームを考えました。

そこで大阪府に住んでいる事や、ネットで「大阪ならナサホームがいい」といった口コミを読んだ事もあって、ナサホームで住宅リフォームを行う事にしたのです。
電話で予約して家に来てもらって見積もりを出してもらったのです。
その時点では玄関~1階床のバリアフリー30万、1室改装60万、浴室とトイレはそれぞれ50万ずつで、全体で合計190万でした。
リフォームってもっとお金がかかると思っていたので、この時点では「凄く安いな」と思っていたんです。

その時点ではローンや補助金の事を知らず、そのまま夫婦の貯金から費用を捻出しました。
リフォーム担当者もそういった事を言わなかったので、後から調べて知ったんです。

工期は半年、その間は夫婦でマンションを借り、義父は一時的に介護施設へ入居しました。
でも半年経ってもまだ出来上がっていなくて、もう半年かかって、合計1年待ったんです。
工期中に家へ入ってどこまで進んでいるか確認したかったんですが、担当者からは「危ないので入らないように」と言われていました。

出来上がった家は、思っていたものとは違いました。
まず玄関から1階の部屋全面は手すりが付いているものの、床はバリアフリーになっておらず、玄関に3cm、廊下からリビングへ入る仕切りに2cmといった段差があります。
義父の部屋も希望は窓を大きくして畳からフローリング化だったのに、窓が以前より一回り小さくなって畳の上にフローリングを敷いていました。
浴室とトイレには手すりが付いていますが、入口に微妙な段差あり、前と広さが変わっていません。
これで見積もりよりも320万プラスした、510万を請求されました。

担当者は我関せず、こちらが騙された気分だと言うと、「お見積もりはあくまで見積もりですから」と言いました。
もう言い争っても仕方ないので支払いましたが、今思い出しても「失敗した」と思います。
もっと見積もりやリフォーム計画を念入りに相談して、そして工期中に間違いがないか何度か家へ確認に入っていればよかったと思いました。

人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| 失敗、トラブル体験談 | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/606-003ae16e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT