ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リフォームに関する費用

一般的な木造住宅寿命は30年程度、マンションで40年程度と言われていますが、けっしてそんなことはありません。


国交省が発表しているデータなのですが、これは取り壊されるまでの年数が平均で30年程度及び40年程度と言うことです。

ましてや現在の住宅は当然の事ながらかなり進化しており、家屋が倒壊する理由の一つである地震への対応も進んでいます。その為、住宅が30年程度で寿命を迎えるとは到底考えられません。


しかしながら、構造上に問題は無くても、使用に伴って様々なパーツや部分が使用困難に陥る事は当然の事ながら否めません。
また、「間取りを変更したい」「床をキレイに貼りなおしたい」「キッチンを丸々変えたい」等の要望も長年住んでいれば出てくるとお思います。

そこで住宅リフォームが登場します。現在の住宅リフォームはかなり進化しており、風呂場だけを丸ごと交換したり、キッチンを大改造したり、壁を抜いて一つの部屋にしたりと、消費者の様々な要望に応えてくれます。

当然の事ながら費用はかかりますが、住宅を丸ごと建て替えたり、新たに住宅を購入したりするよりはかなりの確率で費用を抑える事が出来ます。


たとえばキッチンは30万円から300万円位の間です。
お風呂場を丸々となると200万円程度が費用になります。
大きなところでは家全体となると1000万円程度が相場となっています。


また、のメリットはそこで生活をしている状態で工事を行う事が可能な点です。
建て替えとなると仮の住宅を探して引越しを行い、完成したらまた引越しを行うといった作業が発生しますが、部分リフォームであれば気になる部分だけの工事で済む為、期間も短くそこで生活したまま行う事が可能です。


ここ最近のトレンドは二世帯リフォーム、シニアリフォームです。その名の通り、通常の住宅を二世帯住宅へリフォームする事です。

経済面や生活面で協力できるメリットが見直されてきているのが理由です。

逆にシニアリフォームは、核家族化が進むにつれて子供に頼らない老後の暮らしを希望するシニアが増えているのその理由です。
こちらは部屋数を減らしてワンルーム化をしたり、身体機能が衰えてきているために全面バリアフリー化したりというのがメインになります。

ワンルーム化は部屋数を減らす事により各部屋を行き来する回数を減らすのが狙いです。

また掃除を楽になります。
バリアフリー化は段差の解消や手すりの設置等がメインになります。


今後も費用・時間等の面で考慮してもますますリフォーム市場は活気づいていくことが予想されます。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/65-d5fbc388

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT