ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

耐震リフォームの必要性や具体的な方法

現在の日本はいつ大きな地震が来るかわからない状態であり、地震に対する日頃からの備えをしておくことはとても大切です。


水や非常食や毛布などの防災グッズを準備しておくことも肝心ですが、家屋の耐震補強をおこなうこともまた肝心です。
耐震性の低い家屋は大きな揺れに耐え切れず、倒壊してしまうことがあります。

火災は燃え広がるまでにある程度の時間があるので、避難する余裕があることも多いのですが、家屋の倒壊は激しく揺れたその瞬間に起こる可能性が高いです。

逃げ出す余裕などなく、一瞬で下敷きとなってしまうのです。
そして倒壊を防ぐために必要なことが、耐震リフォームです。

耐震リフォームは、主に傷んだ部分の交換や補強によっておこなわれます。


たとえば木造の家屋の場合は木材が湿気で腐ってしまったりシロアリにかじられたりすることがあります。

放置しておくとどんどんもろくなって、倒壊するリスクが高くなるため、そういう部分は撤去して新しいものを取り付ける必要があります。

そして補強は、木材の接合部や床や壁に金属の部品を取り付けることでおこないます。
すると、揺れによる歪みが生じにくくなるのです。

家屋全体をチェックして、もろい部分にこの交換や補強をおこなえば、家屋の耐震性は格段に向上します。
さらに耐震リフォームには、家屋の土台をコンクリートでより頑丈にしたり、屋根の瓦を撤去して重みを減らしたりというものもあります。


これらの耐震リフォームは、地震の際に家屋や命を守るために非常に有効です。

リフォーム前とリフォーム後とでは、地震の際に受ける被害の大きさにかなりの差が出ます。
大きな地震は過去に何度も起こりましたが、全く被害を受けることのなかった家屋も多くあります。

それらはいずれも耐震性の高い新しい家屋か、古くても耐震リフォームをしっかりおこなっていた家屋です。


耐震性の高さにより救われた命もまた、たくさんあります。
冒頭で述べたように、日本はいつ大地震が来てもおかしくありません。

古い家屋や1階がガレージなどになっていて壁が少ない家屋、1階より2階や3階の方が大きくて重い家屋などは、今一度耐震性の見直しをする必要があります。

耐震補強工事を請け負っているリフォーム会社に連絡すれば、まずは耐震診断をしてもらうことができます。


それにより家屋の耐震性を知り、必要に応じて耐震リフォームをすることは、自分自身や家屋、そして大事な家族を守ることにつながるのです。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/74-68ac347a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT