ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

室内洗濯機置場リフォームとそのリフォームのメリットについて

洗濯機置き場が、家の入り口やベランダなどの室外に設置されている場合、不便となる場合が多くあります。


まずは、室外に設置されていることで洗濯機が壊れやすくなるということがあります。

室外では、カバーなどを被せた場合でも雨風にさらされてしまう可能性が高く、また日光が直接当たることで劣化が進んでしまいます。

さらに、それらを防ぐためのカバーを設置している場合には、使用の都度カバーを外さなけらばならないという手間が生じてしまいます。
また、真冬や真夏には外にでて洗濯の準備をしなければならないということもあります。

室外であるため、夜中や早朝に洗濯機を回すと騒音が発生するため、近所迷惑を避けるため使用できないということもあります。


このような事情から、賃貸物件などでも外に洗濯機置き場がある場合、避けられてしまう要因にもなります。
そのため、室内洗濯機置場リフォームには、これらを解消するメリットが多くあります。

室内へ洗濯機置き場を異動させるリフォームは、難しいのではと考えがちですが、そうでない場合も多くあります。


まず洗濯機を室内に設置する場合、水道の蛇口と排水口が必要になりますが、既存の給排水口を利用できるケースが多くなっています。
さらに、設置場所についてもデッドスペースを利用することで設置可能な場合も多くあります。

すでに、室内に洗濯機置き場がある場合で、例えば旧式の2層式洗濯機置き場の長方形の形状から、最近の全自動式やドラム式の正方形の形状の置き場へリフォームするのはさらに簡単にできる場合が多くなっています。

置き場の形状が違うことで置きにくいという問題の解消になり、安定した場所への洗濯機の設置が可能になります。


リフォーム時の設置場所として多いのが、台所近辺か洗面所やお風呂場付近などが比較的設置しやすい場所になっています。
それは、水回りの設備の近くへ設置することで、既存の給排水の設備を利用しやすい為となっています。


最近では、キッチン下の台所用のもの入れを改造し、そこに洗濯機を設置するという方法もあり、ほとんどの場合、室内に洗濯機置き場を作れないということはない状況になっています。



これらのリフォームをおこなう場合には、必ず数社の業者から見積もりを取った上で依頼することが重要になります。
業者によって金額が大きく異なる場合があり、また水回りのリフォームが得意な業者と不得意な業者がいるためです。

金額や業者の信頼度なども含め比較していくことが重要になります。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://reformsite.jp/tb.php/75-36f25f76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT