ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

二世帯住宅で相続税対策

二世帯住宅にすることで80%も相続税が安くなる!?



2015年1月から相続税の控除額が大幅に減り、今まで富裕層のみの悩みに思えた相続税問題も私たちにも広がってきます。

そこで相続といえば不動産!

不動産といえば土地!


土地に発生する相続税を80%少なくできる!というお話です。




相続税の改正とはなんぞや

今までは6000万円を超える相続がなければ相続税は発生しませんでした。

が!!

2015年1月からは3600万円を超えると相続税が発生します。
(※相続人が1人の場合。人数が増える毎に+600万)



「3600万円なんて大金ないから大丈夫だよ!」

いやいやいやー
そんなことなーいですよー


自宅!
貯金!
退職金!
親からの相遺産!
株!
保険!


老いて死ぬときには以外と資産があるものです!日本て豊ですねぇ。。無い人すみません。


つ・ま・り
2015年以降は相続税を払う対象が激!増えます。



そ・こ・で
相続税対策に昨今注目が集まっています。





相続税を80%安くしよう!

今話題なのが二世帯住宅にして土地の評価額を80%下げる対策!!
「小規模宅地の特例」を利用した相続税対策です。


内容は単純
相続があった場合に土地の評価額が80%減ります。


通常
土地5000万円×相続税率40%=2000万円

→2000万円の相続税がかかります。
(※相続税率は相続人や相続金額により変動します)


「小規模宅地の特例」を利用した場合
土地5000万円×80%=4000万円が評価対象外となります

つまり
土地1000万円×相続税率40%=400万円

→400万円の相続税がかかります。



比べると
特例なし
2000万円
特例あり
400万円

=1600万円もの差が!!!でかーい!




どうすれば「小規模宅地の特例」を受けれる?

配偶者
→無条件に使えます!

同居していた親族
→相続開始の時から相続税の申告期限まで、引き続きその家屋に居住し、かつ、その宅地等を有している人

同居していない親族
→被相続人の配偶者又は相続開始の直前において被相続人と同居していた一定の親族がいない場合において、被相続人の親族で、相続開始前3年以内に日本国内にある自己又は自己の配偶者の所有する家屋(相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた家屋を除きます。)に居住したことがなく、かつ、相続開始の時から相続税の申告期限までその宅地等を有している人(相続開始の時に日本国内に住所がなく、かつ、日本国籍を有していない人は除かれます。)




相続税安くなるんだから二世帯にしよう

国に払うくらいなら対策分のお金で二世帯にしようと考えるわけです。
特に親から子に相続の場合が一番高いので、そこで対策が必要になる。

お金以外にも親と子が同居するというのは子育てや、介護の面でもメリットがあります。
もちろん嫁、姑問題などデメリットも考えられますが。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅の外壁を見てください

あなたの自宅は築何年になりますか。


外壁のお手入れは最低10年に一度は必要とされています。

自宅の外壁を見てください。


築年数が経過している物件ではかなりの汚れ、物件によってはひび割れなどを素人の目でも見つけることが出来るはずです。

この外壁の汚れ等を放置しておくと、建物の寿命が縮んでしまいます。
あなたは自宅の寿命を縮めてしまいたいですか。なるべく長持ちさせたい、そう願う方が大半です。


家を長く丈夫に使うためには、専門の業者に依頼して洗浄・塗り直しを依頼することが必要です。
まずは業者の見積もりを取ることから始めます。
だいたい2~3件程度は最低限見積もりを依頼します。

見積もりを取る際には値段は最重要の項目です。しかし、値段だけでお粗末な仕事をされてしまっては元も子もありません。

見積もりの時にどこが痛んでいるのか、工期はどれくらいかかるのか、またどのような資材を使うのかも必ず確認します。
10件見積もりを依頼すれば、10件全く違う意見が出ることもあります。


業者選びは難しいですが慎重に行います。
近所で最近工事をした家があるなら、そちらの出来を参考にするのも一つの手です。

また、この洗浄・塗り直しの際に素材によっては外壁の色をガラリと変えることも出来ます。
家の外観の雰囲気を変えたい、リフォームをしたいと考えている方はこの点も業者に確認してください。


モルタルの場合ですと大抵の業者が3回塗料を塗ります。
かなり厚手で強力な塗料を使って塗りますので、色をきれいに変えることが出来ます。

家の外壁の色が変わるだけで随分とイメージが変わります。
今まで悪目立ちしていた外観から上品で落ち着いた様子にリフォームすることも可能です。

これは業者のセンスが大きく関与します。
小さな色見本だけではわからないことも、経験豊富な業者ならばすぐさま答えを導き出してくれることもあります。

業者に出来上がりのイメージをしっかりと伝えることが大切です。



実際の工事の過程は業者による近所の挨拶まわりから始まり、足場を組み、高圧洗浄を行ってから、塗り直しを行います。
工事は天気にも影響されますが、通常ですと1週間から2週間程度です。


足場を組むついでに屋根のお手入れも一緒に行うのもよいことです。
外壁だけの工事ですので、工事期間中は外出しても大丈夫です。


今は差し入れを断る業者も多くありますので、あまり気にせずに過ごすことが出来ます。
そうは言っても人情。ちょっとひと手間ですが、差し入れをしながら工事の進捗状況や家の外壁の状態を職人さんに直接聞くと、次に手入れするべきポイントのヒントが得られます。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洗面所のリフォームが多い

近年は一般の家庭でも小規模であれば比較的頻繁にリフォームをする家庭が増えています。


特に毎日使う場所できちんと毎日念入りに掃除をしていても汚れやカビなどが自然と溜まってしまう場所があります。

それは洗面所です。


洗面所は朝から夜に寝るまで人の出入りが激しい場所である上に水を使うために目についた汚れなどを頻繁にきれいにするように心がけていてもやはり、目に届かない場所や湿気などでカビが生えたり埃などの汚れが隙間に多く溜まってしまいます。

この様なこともあり、近年は景気回復や減税などの社会的または経済的な背景が大きく影を落としています。
そのために、国や地方自治体の制度などを上手く利用して家の一番汚れが溜まりやすい洗面所を簡単にリフォームする人がとても多くなっています。

また、今日の日本の制度や法律を考えてもやはり一度に家全体を変えるのではなく少しずつ細々と家を変えていくと言う方針を取るとやはり、国や地方などからの補助金も大きくなりますし、一度に負担しなければならなくなる金額も比較的少額であるために経済的な苦労も少しで済みます。

また、工事の期間も短い上にそのままの家で洗面所使うことが出来ないと言う苦労を除けば生活を送ることが出来るために一時的な家具の運びだしに使うトラックや引越し会社などの料金や工事中の仮住まいの家賃も支払う必要がないために、この様に小さな部分から少しずつ工事を進めて行くと言うスタイルが近年増加傾向にあります。



この様な比較的新しい洗面所を中心としたリフォームのスタイルが広まったことによって多くの人にプラスなことが起こっています。

まずは、依頼者です。
依頼者は金額負担が少ないために苦労が軽減されます。

次に施工会社は一度に大きな仕事を依頼されるとその分大工の人数も増えますし、材料を一気に入手しなければならないと言うことになってしまします。
しかし、分割して依頼をされた場合は必要な時に必要なだけ材料を仕入れることが出来るために在庫を抱える必要が無く得をします。

そして、国や地方自治体などは補助金を出している一番大きな機関ですので補助金を出したと言う実績とともにその地域や国がそれだけ発展しているなどと言うことを見せることが出来る様になります。

そのために特にリフォームの多い一般家庭の洗面所などはこの様な国に関係する大きな機関からの補助金が他の場所への工事と比べても多く給付される傾向にあります。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お風呂の浴室設備の進化とリフォーム

ここ20年でお風呂の設備はとても進化しました。


使う人のために考えつくされた設備は、ただ体をきれいにする場所からリラックスできる場所へと変化させました。


例えば浴室の床です。
冬場に浴室に入ったとき、足が床に触れた瞬間冷たく感じた経験は誰にでもあるでしょう。
しかし現在の設備ではそんなことはありません。
浴室全体に暖房機能が設置されていて、冬の寒い時期でも入った瞬間から暖かさを感じることができます。


手入れのしやすさも進化しています。
風呂場の掃除で一番面倒に感じるのは排水溝ですが、最新のものは汚れが付きにくい仕様になっています。

溜まった髪の毛などのゴミ捨ても簡単で掃除がしやすいです。
浴槽は使う素材や特殊加工により水あかがつきにくく、水あかがついていたとしても落としやすいです。

また床には水をはじく機能がついているので、ブラシでこすって掃除する必要はあまりありません。
壁にしてもカビが繁殖しにくく、より頑丈になっています。


昔の風呂場での水道は蛇口が主流で、水やお湯を出したり止めたりするには、いちいち蛇口を回す必要がありました。
現在ではボタン式が主流なので、ワンタッチで切り替えることができます。

見た目もとてもスタイリッシュで現代的です。水道代や電気代にも配慮した作りになっています。
シャワーは少ない水量でもしっかりと体を洗い流せる仕様になっています。

浴槽は魔法瓶のような機能を備えていて、お湯が冷めにくく、追い炊きをする機会は格段に少なくなりました。
これらの省エネ機能はお財布に優しいだけでなく、環境にもいいものです。



このように風呂場の最新設備は、とても使い勝手がよいものばかりです。
現在使っているものが古い設備だという人には、リフォームをおすすめします。


風呂場のリフォームは解体工事から始まり、基礎工事や配管工事、商品やドアの取り付けなどを行います。
日にちはだいたい5日程度かかります。

リフォーム工事を申し込む方法としてはメーカーに問い合わせたり、ホームセンターに相談したりする方法があります。

しかし価格をできるだけ抑えたい人は、インターネットの比較サイトを利用するといいでしょう。


浴槽のタイプや素材、水道設備、床の機能などは選べることが多いです。
自分が欲しい機能を選別して、気持ちよく利用できるお風呂を作ることができます。


多くの人は毎日お風呂を利用します。
したがって最新設備にしたほうが経済的に賢い選択と言えます。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

室内洗濯機置場リフォームとそのリフォームのメリットについて

洗濯機置き場が、家の入り口やベランダなどの室外に設置されている場合、不便となる場合が多くあります。


まずは、室外に設置されていることで洗濯機が壊れやすくなるということがあります。

室外では、カバーなどを被せた場合でも雨風にさらされてしまう可能性が高く、また日光が直接当たることで劣化が進んでしまいます。

さらに、それらを防ぐためのカバーを設置している場合には、使用の都度カバーを外さなけらばならないという手間が生じてしまいます。
また、真冬や真夏には外にでて洗濯の準備をしなければならないということもあります。

室外であるため、夜中や早朝に洗濯機を回すと騒音が発生するため、近所迷惑を避けるため使用できないということもあります。


このような事情から、賃貸物件などでも外に洗濯機置き場がある場合、避けられてしまう要因にもなります。
そのため、室内洗濯機置場リフォームには、これらを解消するメリットが多くあります。

室内へ洗濯機置き場を異動させるリフォームは、難しいのではと考えがちですが、そうでない場合も多くあります。


まず洗濯機を室内に設置する場合、水道の蛇口と排水口が必要になりますが、既存の給排水口を利用できるケースが多くなっています。
さらに、設置場所についてもデッドスペースを利用することで設置可能な場合も多くあります。

すでに、室内に洗濯機置き場がある場合で、例えば旧式の2層式洗濯機置き場の長方形の形状から、最近の全自動式やドラム式の正方形の形状の置き場へリフォームするのはさらに簡単にできる場合が多くなっています。

置き場の形状が違うことで置きにくいという問題の解消になり、安定した場所への洗濯機の設置が可能になります。


リフォーム時の設置場所として多いのが、台所近辺か洗面所やお風呂場付近などが比較的設置しやすい場所になっています。
それは、水回りの設備の近くへ設置することで、既存の給排水の設備を利用しやすい為となっています。


最近では、キッチン下の台所用のもの入れを改造し、そこに洗濯機を設置するという方法もあり、ほとんどの場合、室内に洗濯機置き場を作れないということはない状況になっています。



これらのリフォームをおこなう場合には、必ず数社の業者から見積もりを取った上で依頼することが重要になります。
業者によって金額が大きく異なる場合があり、また水回りのリフォームが得意な業者と不得意な業者がいるためです。

金額や業者の信頼度なども含め比較していくことが重要になります。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耐震リフォームの必要性や具体的な方法

現在の日本はいつ大きな地震が来るかわからない状態であり、地震に対する日頃からの備えをしておくことはとても大切です。


水や非常食や毛布などの防災グッズを準備しておくことも肝心ですが、家屋の耐震補強をおこなうこともまた肝心です。
耐震性の低い家屋は大きな揺れに耐え切れず、倒壊してしまうことがあります。

火災は燃え広がるまでにある程度の時間があるので、避難する余裕があることも多いのですが、家屋の倒壊は激しく揺れたその瞬間に起こる可能性が高いです。

逃げ出す余裕などなく、一瞬で下敷きとなってしまうのです。
そして倒壊を防ぐために必要なことが、耐震リフォームです。

耐震リフォームは、主に傷んだ部分の交換や補強によっておこなわれます。


たとえば木造の家屋の場合は木材が湿気で腐ってしまったりシロアリにかじられたりすることがあります。

放置しておくとどんどんもろくなって、倒壊するリスクが高くなるため、そういう部分は撤去して新しいものを取り付ける必要があります。

そして補強は、木材の接合部や床や壁に金属の部品を取り付けることでおこないます。
すると、揺れによる歪みが生じにくくなるのです。

家屋全体をチェックして、もろい部分にこの交換や補強をおこなえば、家屋の耐震性は格段に向上します。
さらに耐震リフォームには、家屋の土台をコンクリートでより頑丈にしたり、屋根の瓦を撤去して重みを減らしたりというものもあります。


これらの耐震リフォームは、地震の際に家屋や命を守るために非常に有効です。

リフォーム前とリフォーム後とでは、地震の際に受ける被害の大きさにかなりの差が出ます。
大きな地震は過去に何度も起こりましたが、全く被害を受けることのなかった家屋も多くあります。

それらはいずれも耐震性の高い新しい家屋か、古くても耐震リフォームをしっかりおこなっていた家屋です。


耐震性の高さにより救われた命もまた、たくさんあります。
冒頭で述べたように、日本はいつ大地震が来てもおかしくありません。

古い家屋や1階がガレージなどになっていて壁が少ない家屋、1階より2階や3階の方が大きくて重い家屋などは、今一度耐震性の見直しをする必要があります。

耐震補強工事を請け負っているリフォーム会社に連絡すれば、まずは耐震診断をしてもらうことができます。


それにより家屋の耐震性を知り、必要に応じて耐震リフォームをすることは、自分自身や家屋、そして大事な家族を守ることにつながるのです。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キッチンのリフォームについて

キッチンは、食材や食器類を収納したり水や火を使用したりと、多くのことをおこなう場所です。


目的が多い分、リフォームの種類も多くあります。

まずは食材や食器類の収納に関するリフォームですが、これは天井や壁に吊り下げ式の収納棚をつけたり、床下に収納スペースを作ったりするというものです。


調理中に水や油がはねて汚れたり引火したりしないよう、シンクやコンロとの距離を十分に考えて作られます。
また、食材には常温での保存が必要なものが多いため、収納スペース内の機密性と断熱性も考慮されます。

さらに調理の邪魔にならないように、たとえば吊り下げ棚は頭がぶつかったりしないように、床下収納は段差でつまづいたりしないように、安全面でもかなりの配慮がなされます。


しかしリフォームとしては小規模なものであり、工事は1~2日程度で終了します。

費用も、それほど大きな収納スペースでなければ数万円程度で済みます。



次にキッチンの水回りのリフォームですが、これは主にシンクの付け替えとなります。

シンクには様々な種類があり、キッチンのコーナー部分を使ったL字のシンク、対面式のシンクなど、自由に選択することができます。
また、自分の身長に合った高さのシンクを特注することも可能です。


新しいシンクを設置するだけでなく、床や壁の補修工事や、水道管工事も同時におこなうことになりますので、日数は2~3日ほどかかります。


費用は、新しいシンクの値段と工事費と古いシンクの撤去費用とで、トータルで10~20万円ほどです。


食器洗い乾燥機も取り付ける場合は、その費用も別途かかります。


そしてコンロのリフォームですが、これはガスコンロと電気コンロのどちらを選ぶかで、工事の内容が変わってきます。


古いガスコンロから新しいガスコンロに変える場合は比較的簡単で、費用も数万円程度で済みます。
しかしガスコンロから電気コンロに変更する場合は、電気工事が必要になるため、時間も費用もその分多くかかります。


電気コンロ本体だけでも20万円ほどしますので、工事費や古いコンロの撤去費用なども含めると、トータルで30万円ほどかかります。



このようにキッチンのリフォームにはいくつもの種類があるのですが、いずれもより便利に、より安全に使えるようになるという点で共通しています。

キッチンは命の源である食事を作る大事な場所ですし、水や油などの影響で傷みやすい場所でもあります。そのため家の他のどの場所よりも、リフォームの必要性が高いのです。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リフォームに関する費用

一般的な木造住宅寿命は30年程度、マンションで40年程度と言われていますが、けっしてそんなことはありません。


国交省が発表しているデータなのですが、これは取り壊されるまでの年数が平均で30年程度及び40年程度と言うことです。

ましてや現在の住宅は当然の事ながらかなり進化しており、家屋が倒壊する理由の一つである地震への対応も進んでいます。その為、住宅が30年程度で寿命を迎えるとは到底考えられません。


しかしながら、構造上に問題は無くても、使用に伴って様々なパーツや部分が使用困難に陥る事は当然の事ながら否めません。
また、「間取りを変更したい」「床をキレイに貼りなおしたい」「キッチンを丸々変えたい」等の要望も長年住んでいれば出てくるとお思います。

そこで住宅リフォームが登場します。現在の住宅リフォームはかなり進化しており、風呂場だけを丸ごと交換したり、キッチンを大改造したり、壁を抜いて一つの部屋にしたりと、消費者の様々な要望に応えてくれます。

当然の事ながら費用はかかりますが、住宅を丸ごと建て替えたり、新たに住宅を購入したりするよりはかなりの確率で費用を抑える事が出来ます。


たとえばキッチンは30万円から300万円位の間です。
お風呂場を丸々となると200万円程度が費用になります。
大きなところでは家全体となると1000万円程度が相場となっています。


また、のメリットはそこで生活をしている状態で工事を行う事が可能な点です。
建て替えとなると仮の住宅を探して引越しを行い、完成したらまた引越しを行うといった作業が発生しますが、部分リフォームであれば気になる部分だけの工事で済む為、期間も短くそこで生活したまま行う事が可能です。


ここ最近のトレンドは二世帯リフォーム、シニアリフォームです。その名の通り、通常の住宅を二世帯住宅へリフォームする事です。

経済面や生活面で協力できるメリットが見直されてきているのが理由です。

逆にシニアリフォームは、核家族化が進むにつれて子供に頼らない老後の暮らしを希望するシニアが増えているのその理由です。
こちらは部屋数を減らしてワンルーム化をしたり、身体機能が衰えてきているために全面バリアフリー化したりというのがメインになります。

ワンルーム化は部屋数を減らす事により各部屋を行き来する回数を減らすのが狙いです。

また掃除を楽になります。
バリアフリー化は段差の解消や手すりの設置等がメインになります。


今後も費用・時間等の面で考慮してもますますリフォーム市場は活気づいていくことが予想されます。
人気記事
○新築そっくりさんと、積水さんより3割安くなった件
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ




ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |