ページの先頭へ

リフォームサイト比較

住宅リフォーム関するお役立ち情報サイト。口コミ、評判、レビュー。リフォーム見積もり依頼サイト比較など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

システムキッチンの今と昔を比較する

システムキッチンは毎日の料理を楽しむこと、そしてキッチンを綺麗に使っていく上で必要なものです。
一昔前(1970~80年台)のシステムキッチンと、今のシステムキッチンでは、大きく変わってきているところがあります。
システムキッチンのリフォームをする上でも、昔のキッチンとの使い勝手を比較され、より使いやすさを求められます。
近年発売されている、シンプルなタイプのシステムキッチン「LIXIL サンウエーブ シエラ 壁付I型」を例に取り上げます。

「シンク」
一昔前のシステムキッチンのシンクは、長方形か正方形で飾り気のないタイプが殆どを占めました。
サンウェーブシエラのシンクには、センターポケットと呼ばれる円弧状のへこみがあります。
蛇口から水を流して食器や野菜を洗うときに、円弧状のへこみがあることで、食器や野菜がシンクにぶつからず、使いさすさを意図した設計です。

「蛇口」
一昔前は、左右にひねって水を出すハンドルタイプの蛇口が一般的でした。
近年のシステムキッチンの蛇口は、ハンドルを上下に操作して、水を出す仕組みが一般化しましたが、サンウェーブシエラも同様です。
エコハンドルと呼ばれるもので、水の出し止めが容易なので、節水効果が得られます。

「コンロ」
一昔前のコンロはガスコンロが主流でしたが、IHクッキングヒーターが登場し、サンウェーブシエラも、ガスコンロかIHクッキングヒーターにするか、どちらかを選べるようになっています。
一昔前はガスコンロの出火口は2か所でしたが、近年は三口ガスコンロも一般化し、いっぺんに3つの調理ができて作業効率が上がります。
IHクッキングヒーターは電気を使った加熱機器なので、火を使わないこともあり安全性が考慮されています。

「換気扇フード」
昔と今で最も形状が変わったのは、換気扇です。
一昔前の換気扇は、羽根のついた換気扇が、コンロ上部の壁面に取り付けられているタイプでした。
油を使った料理の時には、気化した油が飛散し、壁や天井に油が付着してしまいました。
サンウェーブシエラではコンロの上空でコンロ全体を包み込むように、大きなフードが取り付けられています。
近年はこうした大きなフード付き換気扇が主流になっているのです。
サンウェーブシエラでは、シロッコファンタイプか、金属換気扇タイプの2種を選ぶことができます。

「システムキッチンの色」
システムキッチンを決める上で重要な要素の一つに、キッチンの色があります。
好きな色の綺麗な空間で料理をすれば、気分が良いし、料理が楽しくなる要因になります。
一昔前には考えられなかったピンクやオレンジのカラーも、普通に見られるようになりました。

一昔前に比較して、近年のシステムキッチンは明確に進化を遂げています。
近年は、使う側の要求に完全に応えられる仕様となっており、リフォームすればその使い心地の良さを実感できるでしょう。
人気記事
○新築そっくりさんよりも3割安くなった話
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ





リフォームで失敗しないための3つのポイント

STEP① 悩む前に見積もりをしてみよう!
STEP② 必ず3社以上から見積もりをとろう!
STEP③ 保険、補償に入ろう!



①悩む前に見積もりをしてみよう!
リフォームの金額は依頼する会社によって大きく変わります。工事費はもちろんキッチン、お風呂の商品自体の値引率も会社によって変わります。ネットなどで金額を調べるよりもまずは実際に見積もり依頼してから悩むのがおすすめです。

②必ず3社以上から見積もりをとろう!
1社にしか見積もりを取らない場合、比較ができないのでそれが安いかどうかが分かりません。複数社から見積もりを取ることにより競争の原理で、大きな値引きや良いサービスを受けることにも繋がります。

③保険、補償に入ろう!
リフォームでよくある大きなトラブルは、工事中にリフォーム会社が倒産すること(業界的には結構多いです)、工事ミスがあり、直す際に追加で費用を取られることです。これを補償する保険やサービスを利用しましょう。


今はネットで見積もり依頼をするのが、とても便利
ネットで複数の会社に一括見積もりをするサービスがとても便利です。無料で利用ができますし、工事の保険などもデフォルトで付いて来ます。万が一リフォームでトラブルがあっても安心です。

下記、おすすめの見積もりサイトTOP3です。


1位ホームプロ
★★★★★5点

プロ
画像出典:ホームプロ

<運営会社>
株式会社ホームプロ(資本金約3億円)

<サービスの特徴>
・匿名で最大8社を無料で比較、相見積もりがとれる。

<登録リフォーム業者の質>
・中小企業がメインで全国1,000社。
・10社に1社しか加盟できないほど非常に厳しい加盟基準あり

<メリット>
・匿名で利用できる。
・完成保証制度がある。
・9年連続利用者数No.1。
・口コミ数が豊富で業者選びがしやすい。

<デメリット>
・登録業者がサイト上で非公開なため、ご自身で業者を探したい場合には不向き。
・メールのやり取りが多く、それが苦手な方は不向き

<まとめ>
・業者の質がよく完成保証制度もあるため、安心してリフォームを依頼できる。匿名で利用できるため断りやすく、見積もりだけで終わらせる事もできる。もちろん無料。長年利用者数がNo.1で評判も良い。


→ホームプロ公式サイト



2位リショップナビ
★★★★☆4点

risuodhfkjbhvjdsbhji
画像出典:リショップナビ

<運営会社>
株式会社アイアンドシー・クルーズ(資本金1億2925万円)

<サービスの特徴>
・専門スタッフが最大5社のリフォーム会社を紹介してくれる。

<登録リフォーム業者の質>
・中小企業がメインで全国1400社。
・加盟基準はまぁまぁしっかりしている。

<メリット>
・電話で対応してくれる
・工事中、工事後に何か瑕疵あれば1年間は補償してくれる。

<デメリット>
・匿名で利用できなく、電話番号、住所の入力が必要。
・見積もりには現地調査が必ず必要。

<まとめ>
利用時に個人情報の入力が必要だが、その後電話で対応頂けるためとても手間がかからない。メールが苦手で電話でのコミュニケーションを好む方におすすめ。見積もりだけで終わらせることも可能で、工事を依頼しなければ費用は一切かからない。


リショップナビ公式サイト



3位タウンライフ
★★★★☆3.7点

download_20190210200255fc8.jpg
画像出典:タウンライフ

<運営会社>
ダーウィンシステム株式会社(資本金2,000万円)

<サービスの特徴>
・複数の会社から見積もりやプランニングがもらえる

<登録リフォーム業者の質>
・大手と中小企業で全国300社。
・加盟基準は厳しいとはいえないが、大手企業も多く資本力のある会社が目立つ。

<メリット>
・見積もり以外にもプランニングもしてもらえる
・電話で対応してくれる

<デメリット>
・匿名で利用できなく、電話番号、住所などの入力が必要。
・リフォーム要望の入力項目が多く、手間。

<まとめ>
個人情報を含む入力項目が多く手間だが、その分細かい要件が伝わるので、良い提案を受けやすくなる。安さ重視ではなく、良い提案を受けたいと考えている方は、大手企業の登録も多いため一度利用してみてはいかがでしょうか。こちらも無料です。

タウンライフ公式サイト



人気記事
○リフォーム費用が3割安くなった話
○おすすめのリフォーム会社紹介サイト
○リフォームの費用相場まるわかり
○失敗しないリフォームのためのノウハウ






ブログパーツ

| リフォームノウハウ | | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

https://reformsite.jp/tb.php/260-31be5849

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT